男女

行動パターンを把握

男女

鳩の駆除を依頼する際には、高い改善効果をもたらす為に念入りに現地調査が行なわれます。現地調査は見積もりも兼ねているので、駆除作業日より以前に行なわれるでしょう。業者によって作業に掛かる費用は異なりますが、そのほとんどが被害規模の大きさによって確定されるものです。鳩は、基本的に夜寝て昼に活動する鳥だとされています。子育て中の鳩の場合、昼は餌探しに出ていることが多いので巣にいないことがほとんどでしょう。人の存在を認識すると警戒心をもたれ、駆除効果が半減する可能性があるので、駆除対象となる鳩の行動パターンをしっかり把握する必要があります。時間を掛けて現地調査が行なわれ、最も適した駆除作業が選ばれるでしょう。

鳩を駆除する方法として、傷つけずに効果を発揮するものには忌避剤があります。忌避剤は鳩が苦手とするもので、ゼリー状になっているものを鳩が羽を休める為に止まる手すりに塗布すると嫌がりその場を離れてしまいます。しかし、それだけで終わると他の場所に巣を移動させてしまうでしょう。鳩が来るであろう場所に捕らえる仕掛けを設置して回収すると、依頼者の住宅敷地から効率よく鳩を追い出すことが可能です。

鳩の駆除を専門とする業者は、一般人が保有していない駆除許可を得ているので、こういった作業を行なうことができます。しかし、鳥獣保護法で守られている鳩を、一般人がむやみに駆除すると法に触れる可能性があるので業者の利用はやはり不可欠だと言えるでしょう。駆除業者の中には、鳩の駆除以外にも糞の後始末から消毒まで一貫して行なっているところもあり、アフターサービスの質がとても高いものです。